ジャカルタで人気のショッピングモール10選

公開
2023/05/11
更新
2024/02/15
この記事は約7分53秒で読めます。

インドネシアのジャカルタでは都市開発が進んでおり、新しい施設が次々と建てられています。そのなかでも注目したいのが、ショッピングモールです。

インドネシア ショッピング センター管理協会(APPBI)によると、2023年1月時点で、ジャカルタには大小様々な96のショッピングモール(20のトレードセンターや小さなマーケットを含む)があります。

ジャカルタのショッピングモールの特徴としては、それぞれのショッピングモールでターゲットとなる所得層を定めており、日本以上に客層が異なる点が挙げられます。

現地の人々の経済格差や購買力を知るには、ショッピングモール事情をみるのも一つの方法。本記事では、ジャカルタで人気のショッピングモールを客層別に紹介しながら、ショッピングモールブームの理由を見ていきます。

参考:DataIndonesia「Ada 96 Pusat Perbelanjaan di Jakarta hingga Awal Tahun 2023」

お役立ち資料の無料ダウンロード

Web広告を使ったインドネシア人見込み客の集客に興味はありますか?

無料で資料をダウンロードする

インドネシア人のWeb集客方法
まずはこちらをお読みください

ジャカルタの都市生活に根付く「ショッピングモール文化」

不動産コンサルタント会社のKnight Farnk(ナイト・フランク)は「 2023年に、新たに3つのショッピングモールがジャカルタに誕生することによって、市内のショッピングモールの総スペースは490万平方メートルを超える」と述べました。

また2014年には、Jakarta Post(ジャカルタ・ポスト)が「ジャカルタには、平均して4 km以内に4つのショッピングセンターがある」と報じています。

ジャカルタのショッピングモールの数は、ほかのインドネシアの地域と比べてもかなり多く、なかには数軒をわたって買い物をする人もいる少なくありません。

参考:Knight Farnk「Three new shopping malls to open in Jakarta in 2023」
参考:Jakarta Post「Jakarta, a city with many shopping centers」

なぜジャカルタの人々はショッピングモールを利用するのか

ジャカルタの都市生活でショッピングモールが根付いている理由の1つが、人々の所得が上がっていることです。所得の増加とともに購買力も高まり、需要が高まっていると推測されます。

また、世界でも有数の渋滞都市であり、渋滞の時間を避けるために一時的にショッピングモールを利用するケースもしばしばあります。

そのほか、インドネシア人は1日に1回以上外食する割合が11%で、世界平均の9%を上回っている調査結果があります。他国と比べて外食を好むインドネシアでは、ショッピングモールを日常的な食事の場として利用する人も多く、ショッピングモールが根付いている理由だと考えられます。

参考:ジェトロ「主要都市・県の2023年の最低賃金が大幅上昇」
参考:BERITA SATU「11 Persen Masyarakat Indonesia Rutin Makan di Luar Rumah」

ジャカルタで人気のショッピングモール

ここでは、ジャカルタで人気のショッピングモールを、対象とする客層別に紹介していきます。

上位所得層向けショッピングモールの特徴と例

ジャカルタの上位所得層向けショッピングモールには、高級ブランドの専門店や夜景が見えるラグジュアリーなバーなど、高価格帯の店舗が多いです。客層として華僑が多いのも、上位所得層向けショッピングモールならではでしょう。

高級ホテルが隣接していたり、ショーが開催される広場が設けられていたりなど、特別感のある雰囲気も特徴的です。コンシェルジュがいる、子ども向けの施設が充実しているなど、きめ細やかなサービスも充実しています。

Plaza Indonesia(プラザ・インドネシア)

ジャカルタに住んでいる人なら「高級なショッピングモール」と聞くと、Plaza Indonesiaを思い浮かべる人が多いです。高級ホテルのGrand Hyattに隣接しており、ChanelやFendi、Christian Louboutinなど、世界的に有名な高級ブランド店が揃っています。

レストランはインドネシア料理や日本食、イタリアン、中華など幅広いジャンルが展開されています。飲酒をしないイスラム教徒が多いジャカルタにおいて、ワインの専門店があるのも高級モールならでは。

さらに、大手高級フィットネスジムのCelebrity Fitnessが入っているなど、生活に余裕のある上位所得層のニーズや趣味嗜好を押さえた店舗がそろっているのが特徴です。

参考:Plaza Indonesia

Pacific Place(パシフィック・プレイス)

高級ホテルのThe Ritz-Carltonに隣接するPacific Placeも、上位所得層がよく利用するショッピングモールです。TiffanyやHermes、Louis Vuittonなどの高級ブランド店が充実しているほか、イタリアの高級スポーツカーであるLamborghiniが展示販売される光景は、高級車に手を伸ばせる上位所得層をターゲットにしたPacific Placeならではといえます。

一方で、H&Mのような中間所得層でも手が届く価格帯のお店もあります。ラマダン、イースターなどの行事に合わせたコンサートや子供向けイベントも頻繁に開催されています。

参考:Pacific Place Jakarta

Plaza Senayan(プラザ・スナヤン)

開放感のある吹き抜けの内観に、白を基調とした洗練された空間が印象的なPlaza Senayan。1~3階には日本の百貨店そごう(SOGO)が入っています。すでに閉店してはいるものの、かつては日本の紀伊国屋書店もありました。日本の商品も充実しているので、ほかのショッピングモールと比べて、日本らしい雰囲気が味わえるはずです。

ほかの上位所得層向けショッピングモールと同様に、高級ブランド店が豊富です。また、飲食・食品関連のお店が96店舗も営業しているのも特徴です(2023年4月時点)。日本で人気のチョコレート店GodivaやRoyceなども手に入ります。

参考:Plaza Senayan

中間所得層向けショッピングモールの特徴と例

中間所得層向けのショッピングモールは、上位層向けよりも商品の価格帯が低く設定されています。ハイエンド商品の取り扱いはゼロではないものの、手ごろな日用品や安価なフードコートなど、庶民的な商品・食事を提供するお店が多くなります。

また、住民の憩いの場として利用されており、スケートリンクや子どもの遊び場などのエンターテイメント施設が充実していることも特徴です。中間所得層が増えているインドネシアでは、このクラスのショッピングモールのボリュームが最も大きくなっています。

Mal Taman Anggrek(モール・タマン・アングレック)

インドネシアのショッピングモールMal Taman Anggrek(モール・タマン・アングレック)

Mal Taman Anggrekの見どころは、飲食店などの店舗に囲まれた大きなスケートリンクです。常夏のインドネシアでアイススケートを楽しめる場所は貴重で、老若男女から親しまれています。そのほかにも、映画館やプレイグラウンド、大きな展示スペースなど、ショッピングや食事だけではない多様な使い方ができるのが特徴です。

上位所得層向けショッピングモールと比べると高級ブランド店の割合は下がりますが、IKEAやユニクロ、ファストフード店を始めとするチェーンレストランなど、手の届きやすい価格帯のアパレルショップやレストランが揃っています。

参考:Mall Taman Anggrek

Lotte Shopping Avenue(ロッテ・ショッピング・アベニュー)

Lotte Shopping Avenueは、H&Mやユニクロ、BURGER KING、beard papaなど大衆的なお店が多めです。大戸屋や銀だこ、麺屋 桜など日本の飲食店もいくつかあります。

上位所得層向けショッピングモールのように「ハイブランド店が揃っている」とは言えませんが、その代わりに日用品店やスーパー、インテリアショップなど、生活に必要な物は幅広くカバーしています。

参考:Lotte Shopping Avenue

Kota Kasablanka(コタ・カサブランカ)

ファッション、食事、ビューティーなど、幅広いジャンルを網羅するMall Kota Kasablanka。子ども向けの衣料品や雑貨店が集まるフロアや、屋上に設置されたプールなど、家族連れに優しいエンターテイメント施設です。

また、AdidasやAsics、Puma、Sports Stationなど、スポーツ用品店という1つのジャンルに絞ってもさまざまなお店があります。インドネシア人がショッピングモールで長い時間を過ごす背景には、1つのジャンルに対して同価格帯のお店が数多く展開しているため、商品の比較検討に時間がかかることも関係しているかもしれません。

参考:Kota Kasablanka

下位所得層向けショッピングモールの特徴と例

下位所得層向けのショッピングモールは、上位・中間所得層よりも商品の価格帯が低く、なかには偽物のハイブランド商品を取り扱っているケースもしばしば。入口で手荷物検査をする人やコンシェルジュがいないなど、商品だけでなくサービスの質が下がるのも特徴です。洗練された雰囲気にはこだわっておらず、市場に似た雑多な空気感を感じられます。

Block M Square(ブロック・エム・スクエア)

インドネシアのショッピングモールBlock M Square(ブロック・エム・スクエア)

Blok M Squareは、日本食レストランが多く集まるBlok Mエリアにあります。色鮮やかでカラフルな外観を見れば、色の統一感や洗練されたデザインにこだわる上位・中間所得層向けのショッピングモールとはまた違った存在の施設であることが分かるはずです。

インドネシア製品や中国製のものが多く、とにかく値段が安くて品揃え豊富な点が特徴。Tシャツなどの衣類を、300円ほどで手に入れることができます。ブランド品が販売されているのを目にすることもありますが、偽物の可能性があります。

参考:Blok M Square

ITC Kuningan(イーテーチェー・クニンガン)

ITC Kuninganも低価格な商品をメインに取り扱うショッピングモールで、ローカル感の強い雰囲気が印象的です。価格帯が低いだけでなく、それぞれの店舗の規模が小さいのも上位・中間所得層向けのショッピングモールとは異なります。

ITC Kuninganには、ガジェット系の商品を取り扱う専門店や携帯ショップが豊富で、多くの人が安価な電子機器を探したり、スマホを修理したりするために利用されています。

ブランド品などの嗜好品というよりも、スマホやメガネ、肌着など生活に関わる必需品が揃っています。

参考:ITC Shopping Festival

Mal Ambasadar(モール・アンバサダー)

Mal Ambassadarは、先ほどのITCクニンガン直結のショッピングモールです。数百円から買える衣類のお店や食品、安価な雑貨など幅広い商品の取り扱いがあります。

また、ITC Kuninganと同じくスマホやPC、カメラなど電化製品や電子機器に関する商品も豊富。日本でいうと秋葉原のような場所で、携帯ショップのサービスカウンターが設けられているなど、実用的なお店が多いです。

上位・中間層向けショッピングモールのように店舗の雰囲気や空気感にはこだわっておらず、いろいろなお店が雑多に並んでいます。

参考:ITC Shopping Festival

番外編:幅広い層をカバーするショッピングモールPondok Indah Mall

ここまで上位・中間・下位所得層に分けてショッピングモールを紹介しましたが、これらの層を幅広くカバーするショッピングモールも存在します。

インドネシアのショッピングモールPondok Indah Mall(ポンドック・インダ・モール)

Pondok Indah Mall(ポンドック・インダ・モール)は3つの建物から構成される巨大ショッピングモールで、それぞれの建物は独立していますがすべて通路で繋がっています。3つの建物が庶民から富裕層までカバーしており、幅広い層から親しまれています。

参考:Pondok Indah Mall

インドネシア人の集客にお困りではないですか?
  • Webを通してインドネシア人見込み客を増やしたいが何をやったらよいか分からない
  • リスティング広告やリマーケティング広告などを活用して今スグ客を集客したい
  • インスタグラム広告やTikTok広告などを活用して認知を獲得していきたい
現在、上記のようなお困りごとがありましたら、ぜひとも私たちカケモチへご相談ください。インドネシア人見込み客の獲得に精通したプロフェッショナルが御社に最適なプランをご提案させていただきます。まずはサービスページをご覧ください。

ジャカルタのショッピングモールを通して見えること

街にあふれるショッピングモールはジャカルタの経済を表す1つの指標であり、市民の購買力を測ることにもつながります。人々の所得が上がるにつれて、求められるショッピングモールの形が変わる可能性もあります。

コロナ禍の落ち着きとともに小売業の回復が見込まれるジャカルタで、今度どのようなショッピングモールが増え、どのようなトレンドが生まれるのか。今後の動きに注目したいです。

インドネシアでWeb広告を活用してインドネシア人を集客する

下記のようなお悩みを抱えているなら
今すぐお問い合わせをください

  • 会社設立の大雑把なスケジュールを知りたい
  • 情報が全くないので壁打ちに付き合ってほしい
  • 会社設立の具体的なアクションリストが知りたい

読後のお願い

ここまで文章を読んでいただきありがとうございました。もしこの文章が少しでもお役に立てたようでしたら、是非SNSでシェアしていただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

SNSでも積極的に情報発信していきます

おすすめのインタビュー記事

  • インドネシアの財閥グループに参画したBeautynesiaの強みとインフルエンサーマーケティングの秘訣

    月間約400万人のインドネシア人女性が訪れるライフスタイルメディア「Beautynesia(ビューティーネシア)」のマーケティング戦略や組織運営をお伺いしました。

  • グリコはどのようにインドネシアのお菓子市場でマーケティングを実践してきたのか

    インドネシアのお菓子市場についてグリコのマーケティング担当者にインタビューを行いました。インドネシア人のお菓子に対する嗜好性やトレンドなどをお伺いしています。

すべての記事を見る

インドネシア人見込み客をWebから集客するには経験とノウハウが必要です。
弊社では豊富な集客実績があるためまずは一度ご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

092-707-2032

(9:00〜19:00)

カケモチの自己紹介

無料

インドネシアで初めてのWebマーケティング

資料ダウンロード
  • 【800名以上が購読中】インドネシアのビジネスニュースレター
  • インドネシアのマーケティング情報に特化した月刊誌
       
インドネシア人見込み客の獲得
Web広告で効率的に実現可能