若者の68.3%が未婚、インドネシアで進む結婚離れ

公開
2024/01/15
更新
2024/01/18
この記事は約3分40秒で読めます。

お役立ち資料の無料ダウンロード

Web広告を使ったインドネシア人見込み客の集客に興味はありますか?

無料で資料をダウンロードする

インドネシア人のWeb集客方法
まずはこちらをお読みください

数字でみるインドネシアの若者と結婚

インドネシアの若者の68.3%が未婚

インドネシアの中央統計庁(BPS)は、2023年3月時点のインドネシアの若者(16~30歳)の結婚に関するデータを発表。これによると、インドネシアの若者の68.3%が結婚していないことがわかりました。一方、結婚している若者の割合は30.6%、離婚や死別した人の割合は1.1%でした。

BPSによると、若いうちに結婚する人の割合は、過去10年で低下を続けています。要因としては、大学などの高等教育を受ける人が増えたこと、就職やキャリアアップ、その他の自己研鑽・自己啓発に意欲的で、かつそれをできる経済的余裕がある若者が増えたこと、「若いうちに結婚しなければいけない」という社会的なプレッシャーが減ったことなどが挙げられます。

インドネシアの婚姻可能年齢は、以前は男性が19歳、女性が16歳でしたが、2019年の法改正により男女とも19歳となっています。BPSはこの法改正も、若者層の結婚が減った要因の1つとみています。

参考:databoks「Tren Pernikahan Anak Muda Semakin Turun 6 Tahun Terakhir」

映像でみるインドネシアの若者と結婚

シングルライフを満喫するインドネシアの若者たち

シングルライフを満喫するインドネシアの若者たち

インドネシアではつい最近まで、20代になって結婚せずにいると、「選り好みしすぎないで」「親が年を取っていると子どもがかわいそう」「一人を楽しんでばかりいないで」などとアドバイスされるのは普通のことでした。今でも特に農村部では、このような傾向が残っています。

ただ最近は、そういったアドバイスをする人も減りました。若者たちのなかにも、他人から干渉されたとしても、急がずに自らが決めた人と、好きなタイミングで結婚しようとする人が増えているようです。「まだ結婚しない」は、今の若者たちにとって、自分が主体的に選んだ、ポジティブな選択。よい相手とタイミングに恵まれるまでの間シングルであることについて、悲観的になったりはしません。

そんな若者たちの間で、シングルライフを楽しむ様子をSNSで共有し、人気者になる人が出てきました。この動画クリエイターもその1人。

「友人たちは次々に結婚する。でもまだ結婚していない人が、パートナーを選びすぎているとか、売れ残っているとかというわけではない。人生のステップとしての結婚を、まだ選択していないだけだ」というマイペースで前向きなメッセージと共に、一人で旅行やレジャーを楽しむ動画を共有しています。

インドネシアで増える「前向きな離婚」

インドネシアで増える「前向きな離婚」

動画の女性は、「役立たずの夫を持つよりも離婚した方がいい」と話し、満面の笑みを見せています。女性が手に持つのは、離婚手続きの完了を通知する「離婚証明書」。

インドネシアでは、結婚だけでなく、離婚に対する価値観も変化しています。

以前は、離婚することは恥ずかしいこととみなされていました。特に女性は、問題があったとしても、一度始めた結婚生活をどうにか維持しようと努力するのが普通でした。「人生に失敗した女性」というレッテルを貼られないよう、また、子どもに両親揃った家庭環境を提供できるように、結婚を維持することが大切だと思われていたのです。

しかし最近はメンタルヘルスへの関心の高まりや、経済的に自立した女性が増えたことなどから、女性側から離婚を求めるケースが増えています。

この動画のように離婚証明書を手に入れたことを報告する動画は#aktacerai(離婚証明書)というハッシュタグで共有され、一時期トレンドとなりました。「子どものため」といって不健全な結婚生活を維持することは、いまや時代遅れになりつつあります。

インドネシア人の集客にお困りではないですか?
  • Webを通してインドネシア人見込み客を増やしたいが何をやったらよいか分からない
  • リスティング広告やリマーケティング広告などを活用して今スグ客を集客したい
  • インスタグラム広告やTikTok広告などを活用して認知を獲得していきたい
現在、上記のようなお困りごとがありましたら、ぜひとも私たちカケモチへご相談ください。インドネシア人見込み客の獲得に精通したプロフェッショナルが御社に最適なプランをご提案させていただきます。まずはサービスページをご覧ください。

インドネシアにおける結婚観の変化と早婚・児童婚問題

インドネシアの人々の結婚に対する考え方は、明らかに変化しています。特に学校や就職先を選べる環境にある若者たちにとって、結婚は必ずしも最優先課題ではなくなりました。加えて、彼ら・彼女らの「まだ結婚しない」あるいは「一生結婚しない」という選択を受け入れられる上の世代も増えてきたのでしょう。

一方で農村部では、いまだに10代で結婚する人が多い現状があります。「結婚は早い方がいい」「女の子に学歴はいらない」「未婚は恥ずかしい」といった価値観が、依然として存在するのです。

インドネシアの宗教裁判所によると、コロナ禍以降、19歳に満たない人の結婚の申請件数は増加しており、2022年は1年間で50,747件ありました。自ら結婚の相手と時期を選択できる若者が増えている陰で、早婚・児童婚を強いられる人がいることは、インドネシアが抱える社会問題の1つです。

インドネシアで19歳未満の人が何らかの事情により結婚したい場合、裁判所に申請が受理される必要があります。

参考:Goodstats「Pernikahan Dini Masih Marak Terjadi, Tahun 2022 Capai 50.000 Kasus!」

インドネシアでWeb広告を活用してインドネシア人を集客する

下記のようなお悩みを抱えているなら
今すぐお問い合わせをください

  • 会社設立の大雑把なスケジュールを知りたい
  • 情報が全くないので壁打ちに付き合ってほしい
  • 会社設立の具体的なアクションリストが知りたい

読後のお願い

ここまで文章を読んでいただきありがとうございました。もしこの文章が少しでもお役に立てたようでしたら、是非SNSでシェアしていただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

SNSでも積極的に情報発信していきます

おすすめのインタビュー記事

  • お客さんやスタッフとの綿密なコミュニケーションが成功の鍵。インドネシアで洗車とコーティングを提供する「SENSHA」が歩んだ道のり

    インドネシアで洗車とコーティングを提供するSENSHA INDONESIA・代表取締役の別所陽耶さんへインタビューを実施しました。

  • 「なぜそれをやるのか」をしっかりと伝え、挑戦を歓迎する。Webシステム開発やサイト制作を手がけるアジアクエストに人が集まる理由

    Webシステム開発やサイト制作を手がけるアジアクエストに人が集まる理由や育成のコツについてインタビューしました。

すべての記事を見る

インドネシア人見込み客をWebから集客するには経験とノウハウが必要です。
弊社では豊富な集客実績があるためまずは一度ご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

092-707-2032

(9:00〜19:00)

カケモチの自己紹介

無料

インドネシアで初めてのWebマーケティング

資料ダウンロード
  • 【800名以上が購読中】インドネシアのビジネスニュースレター
  • インドネシアのマーケティング情報に特化した月刊誌
       
インドネシア人見込み客の獲得
Web広告で効率的に実現可能