インドネシアのGDPランキングと推移・将来の見通し

公開
2024/06/01
更新
2024/06/07
この記事は約7分3秒で読めます。

経済成長が著しいインドネシア。首都ジャカルタの街を歩けば、あちこちで建設中の高層ビルや商業施設が目に入ります。インドネシアがこれまでどのくらい経済成長し、またこの経済成長がいつまで続くのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、インドネシアの経済成長を測る指標として、GDPランキングとGDPの推移に絞って記事をまとめました。

インドネシアの名目・実質GDPランキング、インドネシア人1人あたりの名目・実質GDPの推移、将来の予測をまとめているので、最後までご覧ください。

円表記は2024年5月16日のレート(1ルピア=0.0097円、1ドル=154.37円)で換算したものです。

お役立ち資料の無料ダウンロード

インドネシアにおける会社設立の概要を知りたくありませんか?

無料で資料をダウンロードする

インドネシアでの会社設立
まずはこちらをお読みください

名目GDPと実質GDPの違い

GDP(Gross Domestic Product、国内総生産)は、ある一定の期間内にその国で生産されたモノやサービスの付加価値を合計した額のこと。本記事では、インドネシアのGDPを名目と実質に分けて紹介します。

名目GDPとは、実際に取引されている物価に基づいて計算されるGDPのこと。物価は時間の流れとともに変動するものですが、名目GDPはこの物価の変動がそのまま反映された数値となっています。

一方、実質GDPとは、基準となるある年の物価に基づいて計算されるGDPのこと。名目GDPから、物価変動による影響を取り除いて評価された数値となっています。なお、経済成長率は実質GDPを見て判断するのが一般的です。

インドネシアの名目GDPランキング

以下は、国際統計データを専門に取り扱うGLOBAL NOTEから引用した調査結果です。

インドネシアの2023年の名目GDPランキングは、「世界16位」でした。トップ30の国々は以下の通りです。

順位金額
1アメリカ27兆3,578億2,500万ドル
(4,219兆8,077億1,710万円)
2中国17兆6,620億4,100万ドル
(2,723兆2,306億2,260万円)
3ドイツ4兆4,573億6,600万ドル
(687兆6,066億5,130万円)
4日本4兆2,129億4,400万ドル
(649兆9,013億8,030万円)
5インド3兆5,720億7,800万ドル
(550兆7,215億5,360万円)
6イギリス3兆3,447億4,400万ドル
(515兆6,725億6,150万円)
7フランス3兆317億7,800万ドル
(467兆4,213億4,140万円)
8イタリア2兆2,555億300万ドル
(347兆7,399億1,950万円)
9ブラジル2兆1,736億7,100万ドル
(335兆1,235億5,280万円)
10カナダ2兆1,400億8,600万ドル
(329兆9,456億1,900万円)
11ロシア1兆9,970億3,000万ドル
(308兆249億270万円)
12メキシコ1兆7,888億9,700万ドル
(275兆9,221億5,660万円)
13オーストラリア1兆7,418億8,200万ドル
(268兆6,704億9,250万円)
14韓国1兆7,127億9,300万ドル
(264兆1,837億6,150万円)
15スペイン1兆5,811億5,100万ドル
(243兆8,791億円,200万円)
16インドネシア1兆3,711億7,100万ドル
(211兆4,345億6,820万円)
17オランダ1兆1,171億100万ドル
(172兆2,569億7420万円)
18トルコ1兆1,084億5,300万ドル
(170兆9,234億5,260万円)
19サウジアラビア1兆675億8,300万ドル
(164兆6,212億9,860万円)
20スイス8,851億4,100万ドル
(136兆4,887億4,220万円)
21ポーランド8,084億3,500万ドル
(124兆6,606億7,700万円)
22台湾7,565億9,200万ドル
(116億6,967億5,000万円)
23アルゼンチン6,548億9,200万ドル
(101兆105億4,210万円)
24ベルギー6,301億1,000万ドル
(97兆1,881億6,640万円)
25スウェーデン5,932億6,800万ドル
(91兆5,056億5,630万円)
26アイルランド5,457億8,700万ドル
(84兆1,821億8,690万円)
27オーストリア5,197億1,000万ドル
(80兆1,600億7,040万円)
28タイ5,149億4,500万ドル
(79兆4,042億6,150万円)
29イスラエル5,094億7,800万ドル
(78兆5,612億5,290万円)
30アラブ首長国連邦5,041億7,300万ドル
(77兆7,432億2,450万円)
参考:GLOBAL NOTE「世界の名目GDP 国別ランキング・推移(IMF)」

インドネシアの実質GDPランキング

GLOBAL NOTEによると、インドネシアの2022年の実質GDPランキングは「世界17位」でした。トップ30の国々は以下の通りです。

順位金額
1アメリカ21兆2,362億7,600万ドル
(3,274兆8,885億9,450万円)
2中国16兆3,250億3,600万ドル
(2,516兆7,083億6,240万円)
3日本4兆5,093億5,800万ドル
(695兆1,739億270万円)
4ドイツ3兆6,321億1,800万ドル
(559兆9,363億9,120万円)
5イギリス3兆2,095億200万ドル
(494兆7,848億5,200万円)
6インド3兆222億9,200万ドル
(465兆9,240億9,050万円)
7フランス2兆6,373億4,600万ドル
(406兆5,798億5,270万円)
8イタリア1兆9,608億2,700万ドル
(302兆2,859億9,240万円)
9ブラジル1兆9,014億6,100万ドル
(293兆2,176億4,570万円)
10カナダ1兆7,486億3,800万ドル
(269兆6,513億4,570万円)
11韓国1兆7,405億5,300万ドル
(268兆4,045億8,620万円)
12ロシア1兆4,715億4,600万ドル
(226兆9,219億5,820万円)
13オーストラリア1兆4,657億9,700万ドル
(226兆354億2,510万円)
14スペイン1兆3,230億5,900万ドル
(204兆242億9,770万円)
15メキシコ1兆2,850億6,300万ドル
(198兆1,959億900万円)
16トルコ1兆1,944億200万ドル
(184兆2,132億1,770万円)
17インドネシア1兆1,222億8,500万ドル
(173兆905億7,670万円)
18オランダ8,943億6,800万ドル
(137兆9,388億2,380万円)
19スイス7,903億1,900万ドル
(121兆8,707億4,620万円)
20サウジアラビア7,670億9,700万ドル
(118兆2,898億930万円)
21台湾6,720億4,300万ドル
(103兆6,320億5,480万円)
22アルゼンチン6,487億6,700万ドル
(100兆427億9,090万円)
23ポーランド6,302億9,000万ドル
(97兆1,935億5,430万円)
24スウェーデン5,871億2,200万ドル
(90兆5,368億5,440万円)
25ナイジェリア5,370億2,500万ドル
(82兆8,116億7,160万円)
26ベルギー5,161億2,600万ドル
(79兆5,889億5,180万円)
27アイルランド4,987億6,000万ドル
(76兆9,534億3,100万円)
28イラン4,984億4,400万ドル
(76兆9,046億7,550万円)
29エジプト4,612億6,900万ドル
(71兆1,689億6,340万円)
30タイ4,501億2,600万ドル
(69兆4,497億1,550万円)
参考:GLOBAL NOTE「世界の実質GDP 国別ランキング・推移」
インドネシアで会社設立を予定されていますか?
  • 外資で設立すると資本金だけで約1億円が必要と聞いて困惑している
  • 資本金自体に問題はなくて、手続きを丸投げできる会社を探している
  • 会社設立の手法について、内資での設立も選択肢として検討している
現在、上記のようなお困りごとがありましたら、ぜひとも私たちカケモチへご相談ください。インドネシアにおける会社設立のプロフェッショナルが御社に最適なプランをご提案させていただきます。まずはサービスページをご覧ください。

インドネシアの1人あたりの名目GDPの推移

1人あたりのGDPとは、その国のGDPを人口で割った値のこと。国民の豊かさを表す指標としてよく用いられます。

以下は、中央統計庁の情報をもとにまとめた、インドネシアの1人あたりの名目GDPの推移を表したグラフです。

インドネシア・1人あたりの名目GDP
出典:BADAN PUSAT STATISTIK掲載の全体の名目GDPから1人あたりのGDPを弊社算出・作成 ※単位は千ルピア

以下は、直近10年間のインドネシアの1人あたりの名目GDPの金額です。

  • 2014年:4,125万5,659ルピア(39万5,870円)
  • 2015年:4,450万6,754ルピア(42万7,100円)
  • 2016年:4,737万2,279ルピア(45万4,560円)
  • 2017年:5,137万9,206ルピア(49万3,000円)
  • 2018年:5,555万3,350ルピア(53万3,100円)
  • 2019年:5,873万1,083ルピア(56万3,550円)
  • 2020年:5,677万8,227ルピア(54万4,820円)
  • 2021年:6,200万4,382ルピア(59万4,960円)
  • 2022年:7,110万181ルピア(68万2,240円)
  • 2023年:7,528万7,927ルピア(72万2,430円)

2014年の4,125万5,659ルピア(39万5,870円)から2023年時点では7,528万7,927ルピア(72万2,430円)に到達するなど、この10年間で急速に伸びていることが分かります。

インドネシアの1人あたりの実質GDPの推移

以下は、中央統計庁の情報をもとにまとめた、インドネシアの1人あたりの実質GDPの推移を表したグラフです。

インドネシア・1人あたりの実質GDP
出典:BADAN PUSAT STATISTIK掲載の全体の実質GDPから1人あたりのGDPを弊社算出・作成 ※単位は千ルピア

以下は、直近10年間のインドネシアの1人あたりの実質GDPの金額です。

  • 2014年:3,343万523ルピア(32万1,000円)
  • 2015年:3,466万8,081ルピア(33万2,660円)
  • 2016年:3,601万7,563ルピア(34万5,610円)
  • 2017年:3,747万7,882ルピア(35万9,620円)
  • 2018年:3,903万1,823ルピア(37万4,530円)
  • 2019年:4,061万2,759ルピア(38万9,700円)
  • 2020年:3,943万7,660ルピア(37万8,420円)
  • 2021年:4,061万3,951ルピア(38万9,710円)
  • 2022年:4,250万5,263ルピア(40万7,860円)
  • 2023年:4,432万9,369ルピア(42万5,360円)

上記の数字からも、インドネシアは名目・実質ともに堅調な伸びを見せていることが分かります。

インドネシアの将来のGDP予測

国際通貨基金は、インドネシアの1人あたりの実質GDPは2029年頃には5,500万ルピア(53万4,220円)を超えると予測。今後もしばらく安定した伸びが期待できます。

また、コンサルティングサービスを手がけるPwC社は、同社の調査レポート「2050年の世界」の中でインドネシアとメキシコの経済規模が2050年までに日本やドイツなどの現経済大国を上回ると予測しています。

PPPベース(購買力平価)のGDPは、2030年時点で5,424ドル(83万7,300円)、2050年時点で10,502ドル(162万1,190円)となることが予測され、2050年にはインドネシアは世界第4位の経済大国になると見込まれています。

多くの企業が経済成長を予測し、将来性に期待できるインドネシア。その一方で、経済成長とともにいくつかの問題が起こることも懸念されています。そこで最後に、インドネシアの経済成長とともに懸念される問題点を紹介します。

参考:
世界経済のネタ帳「インドネシアの一人当たりの実質GDP(自国通貨)の推移(2020~2029年)」
PwC「PwC、調査レポート「2050年の世界」を発表 先進国から新興国への経済力シフトは長期にわたり継続‐インド、インドネシア、ベトナムが著しく成長」

経済格差

GDPが伸びているからといって、すべての国民が等しく豊かになっているわけではありません。実際にインドネシアでは経済成長とともに貧富の差も広がっており、その差は今後さらに広がっていくことが予想されます。

特に地域間の経済格差は激しく、例えば首都圏の大都市と農村部では、平均月収に2倍ほどの差が見られています。カリマンタン島への首都移転プロジェクトの目的の1つにも、地域間の経済格差の解消が挙げられています。

環境破壊と生活環境の悪化

経済成長が進み、今よりも経済活動が活発化すると、環境破壊や生活環境の悪化が問題になってきます。

例えばジャカルタなどインドネシアの大都市では、自動車やバイクの排気ガスが周辺住民や通行人へ与える影響が、すでに深刻です。また、都市部から離れたエリアであっても、工場からの大気汚染物質などにより大気汚染が深刻な地域もあり、実際に乾季の大気汚染がひどい時期には、呼吸器疾患を患う人が増えます。

大気汚染のほか、渋滞、ごみの増加と処分場不足、森林伐採なども、経済成長とともに大きくなることが懸念される問題です。

GDPから見えるインドネシアの高いポテンシャル

本記事で紹介した通り、インドネシアはこの10~20年で順調に経済成長し、GDPも右肩上がりを続けてきました。この成長はまだしばらく続くと予測する機関や企業は多く、海外進出を考える企業にとってインドネシアは魅力的な進出先だといえます。

一方、経済成長と共に経済格差の拡大や環境破壊などが進んでいることも事実で、政府によるより効果的な対策が求められています。

これからインドネシアへ進出する企業は、インドネシアのポテンシャルと進出のメリット、そして問題点をよく理解しておくことが重要です。弊社カケモチではインドネシア進出を徹底サポートしているので、お気軽にご相談ください。

インドネシアで会社設立にお悩みの方へ

下記のようなお悩みを抱えているなら
今すぐお問い合わせをください

  • 会社設立の大雑把なスケジュールを知りたい
  • 情報が全くないので壁打ちに付き合ってほしい
  • 会社設立の具体的なアクションリストが知りたい

インドネシアの名目GDPランキングを教えてください。

インドネシアの2023年の名目GDPランキングは、世界16位です。

インドネシアの実質GDPランキングを教えてください。

インドネシアの2022年の実質GDPランキングは、世界17位です。

インドネシアのGDPは今後どのようになると予想されていますか?

インドネシアは今後もGDPが上がることが予測されています。コンサルティングサービスを手がけるPwC社は、同社の調査レポート「2050年の世界」の中でインドネシアの経済規模が2050年までに日本やドイツなどの現経済大国を上回ると予測しています。

読後のお願い

ここまで文章を読んでいただきありがとうございました。もしこの文章が少しでもお役に立てたようでしたら、是非SNSでシェアしていただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

SNSでも積極的に情報発信していきます

おすすめのインタビュー記事

  • インドネシアの財閥グループに参画したBeautynesiaの強みとインフルエンサーマーケティングの秘訣

    月間約400万人のインドネシア人女性が訪れるライフスタイルメディア「Beautynesia(ビューティーネシア)」のマーケティング戦略や組織運営をお伺いしました。

  • 「なぜそれをやるのか」をしっかりと伝え、挑戦を歓迎する。Webシステム開発やサイト制作を手がけるアジアクエストに人が集まる理由

    Webシステム開発やサイト制作を手がけるアジアクエストに人が集まる理由や育成のコツについてインタビューしました。

すべての記事を見る

インドネシアで会社を設立する際、予算と目的に合わせた設立方法があります。
弊社では豊富な設立実績があるためまずは一度ご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

092-707-2032

(9:00〜19:00)

カケモチの自己紹介

無料

インドネシアで初めてのWebマーケティング

資料ダウンロード
  • 在日本の企業向けセミナー
  • 在インドネシアの企業向けセミナー
       
インドネシアでの会社設立
まずは気軽にご相談ください。