データで読み解く親日国インドネシアの現状と課題

公開
2022/08/13
更新
2023/12/24
この記事は約4分17秒で読めます。

インターネットでインドネシアの情報を検索すると、「インドネシアは親日国」という表現によく出会います。実際にインドネシアを訪れ、現地のインドネシア人に接してみると、彼らがとても友好的であることに驚かれるでしょう。

本記事では、インドネシアがどういう点で「親日」なのか、日本や日本人についてどのようなイメージを持っているのかをご紹介します。また、インドネシアに日本企業が進出する際に注意すべきポイントにも触れていきます。

記事の前半を読んでいただくと、インドネシアは親日というイメージを持っていただけると思います。ただ、あえてお伝えすると、「インドネシアは親日国」という表現よりは、「インドネシアは日本に対してポジティブな印象を持っている人が多い国」という表現に変えた方がしっくりくる方もいると思います。

「親日」という言葉に明確な定義がない以上、言ったもん勝ちみたいな雰囲気が正直あります。そういう文脈で使われる「親日」という言葉に抵抗感がある方は、上述の通り、「インドネシアは日本に対してポジティブな印象を持っている人が多い国」と読み替えて本文を読み進めてください。

お役立ち資料の無料ダウンロード

Web広告を使ったインドネシア人見込み客の集客に興味はありますか?

無料で資料をダウンロードする

インドネシア人のWeb集客方法
まずはこちらをお読みください

データから見る親日国インドネシア

まず、近年行われた様々な調査の結果から、インドネシアの親日度を見ていきます。

インドネシアからの訪日観光客が5年で2.8倍に

日本政府観光局の調査によると、インドネシアからの訪日観光客は、2014年は約12万人でしたが、2019年には約34万人に増えました。5年間で約2.8倍になったということになります。

また、電通による2019年の調査では、「今後1年の間に日本に渡航する予定がありますか。」という質問に対し、インドネシア人の95.3%が「1年以内に渡航する予定がある」または「日程は決まっていないが、いつか行きたいと思っている」と回答しました。

インドネシアでは経済成長に伴って中間所得層が厚くなり、海外旅行を楽しむ人が増えました。彼らにとって、気候や文化が自国と大きく異なり、地理的に近く、海外からの観光客誘致に積極的な日本は、今や海外旅行先として魅力的かつ選びやすい国の代表となっています。

参考1:JNTO「訪日外客統計(報道発表資料)
参考2:電通「電通、「ジャパンブランド調査 2019」を実施」

インドネシアは日本語学習者数が世界第2位

参考:国際交流基金「2018年度 海外日本語教育機関調査」

インドネシアの日本語学習者数は世界で2番目に多く、約71万人です。

とはいえこのデータだけだと、インドネシアが世界第4位の人口を抱える国であることや、高校の授業で日本語を習う人が多いことから、「必ずしも日本や日本語が好きな人が多いわけではないのでは」という疑問もわきます。

そこで、Duolingoが2020年に行った調査を見てみると、「インドネシア人に人気な外国語」の1位が英語、2位が韓国語、3位が日本語という結果でした。外国語を学ぼうとするインドネシア人の中で、日本語は大変人気のある言語なのです。

参考:Duolingo「2020年版Duolingo言語レポート」

日本はインドネシア人が留学したい国第3位

2019年のユネスコの調査によると、インドネシア人留学生が多い国として、日本はオーストラリア、マレーシアに次ぐ第3位となりました。先進国の中でも特に近い日本は、インドネシア人学生たちの主要な留学先の一つとなっていることがわかります。なお、コロナ禍前の2019年に日本に留学していたインドネシア人は、約6,800名でした。

参考1:UNESCO「Global Flow of Tertiary-Level Students」
参考2:JASSO「2019(令和元)年度外国人留学生在籍状況調査結果」

インドネシア人の日本に対するイメージ

インドネシア人の日本に対するイメージは、非常にポジティブです。彼らの間でよく語られる日本のイメージとしては、例えば以下のようなものが挙げられます。

日本に対するイメージ

  • 街がきれい・清潔
  • 四季がある・四季折々の景色が楽しめる
  • 電車が時間通りに動く
  • 製品やサービスのクオリティーが高い
  • 技術力が高い

おもしろいところでは、「自動販売機が多い」「コスプレ文化がすごい」などといったものもあります。

日本人に対するイメージ

  • 時間に厳格
  • ルールやマナーを重んじる
  • 礼儀正しい
  • きれい好き
  • 健康的
  • 和を重んじ角を立てたがらない
  • 働きすぎ・生活の中心が仕事

ご覧の通り、多くのインドネシア人が日本に対して持っているイメージは、かなりステレオタイプ的と言えます。インドネシア人が自国にいながら実感を伴ったイメージを持てるものと言えば、日本製品の品質や技術力くらいなのでしょう。

インターネットで調べても知人に聞いても、日本に対するネガティブなイメージがなかなか出てこないという点が、「インドネシアは親日国である」と感じる日本人が多い理由の1つかもしれません。

インドネシア人の海外製品に対するあこがれ

インドネシアでは、大統領自らが国内製品の消費を呼びかけることが珍しくありません。時には「国内の市場発展のために、輸入品よりも国内の製品を」とあからさまな言葉を使います。

現に、「インドネシア製品よりも海外製品」と考える人はたくさんいます。インドネシア人が海外製品を選ぶ理由としては、「品質が良い」、「パッケージが魅力的」、「技術が進んでいる」などが挙げられます。「インドネシア製よりも高価でブランド力がある海外製品を持っていた方が格好がつく」という面も大きいのでしょう。

ただし、最近はインドネシアの製品でも、高品質で、おしゃれで、モダンなものが増えてきました。国際的に競争力のあるインドネシアブランドも出てきていますし、もちろん、国内のファンも獲得しています。

フランスの市場調査会社Ipsosによる2021年の調査では、インドネシア人の59%が「海外製品の方がインドネシア製品より良いとは思わない」と回答しており、87%が「海外製品よりもインドネシア製品を買う傾向がある」という結果が出ています。

インドネシア人は海外製品が好きですが、だからといって「輸入品だから」「海外ブランドだから」というだけであこがれの的となり、消費に繋がるわけではありません。

参考1:TIMES INDONESIA「Mengapa Masyarakat Lebih Memilih Produk Luar Negeri Dibanding Produk Lokal?」
参考2:LIPUTAN6「Masyarakat Indonesia Pilih Belanja Produk Lokal daripada Impor, Ini Buktinya」

実際に、インドネシアに一度は進出したものの、その後撤退した日本企業も少なくありません。インドネシアは親日国だと説明されることが多いものの、国民の感情とは別の部分で日本企業にとって難しい問題がいくつもあるということがわかります。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

日本企業がインドネシアから撤退する理由と事例紹介

インドネシア進出で苦労する日本企業の特徴や海外事業で感じる課題と撤退の理由、インドネシアから撤退した日本企業の事例などを紹介します。

続きを読む

インドネシア人の集客にお困りではないですか?
  • Webを通してインドネシア人見込み客を増やしたいが何をやったらよいか分からない
  • リスティング広告やリマーケティング広告などを活用して今スグ客を集客したい
  • インスタグラム広告やTikTok広告などを活用して認知を獲得していきたい
現在、上記のようなお困りごとがありましたら、ぜひとも私たちカケモチへご相談ください。インドネシア人見込み客の獲得に精通したプロフェッショナルが御社に最適なプランをご提案させていただきます。まずはサービスページをご覧ください。

「親日国」インドネシア進出を成功させるために

ご紹介した通り、インドネシア人は日本や日本人、日本製品に対してポジティブなイメージを持っており、その観点で語れば親日国と言えると思います。ただしそれは、必ずしも「すべての日本企業が大歓迎される」ことを意味するわけではありません。

日本企業がインドネシアに進出する際は、現地の法律や規則、環境、人々の価値観や消費傾向などについて細やかにリサーチする必要があります。また、競合他社との差別化を図ることや、必要に応じて良いパートナー企業を探すことも重要です。

弊社では、越境EC+Webマーケティングという組み合わせで、仮想のインドネシア進出を支援しています。

もし少しでもご興味をお持ちでしたら、お気軽にご連絡ください。

インドネシアでWeb広告を活用してインドネシア人を集客する

下記のようなお悩みを抱えているなら
今すぐお問い合わせをください

  • 会社設立の大雑把なスケジュールを知りたい
  • 情報が全くないので壁打ちに付き合ってほしい
  • 会社設立の具体的なアクションリストが知りたい

読後のお願い

ここまで文章を読んでいただきありがとうございました。もしこの文章が少しでもお役に立てたようでしたら、是非SNSでシェアしていただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

SNSでも積極的に情報発信していきます

おすすめのインタビュー記事

  • なぜスラバヤで美容サロン?グロースから売却までを経験した、元金融ビジネスマンから見るインドネシアの美容業界

    インドネシアの美容サロン「TOKYO BELLE」のグロースから売却までを手掛けた田口弘樹さんに、美容業界やスラバヤに着目した理由、今後狙っている都市などについてお伺いしました。

  • インドネシアの財閥グループに参画したBeautynesiaの強みとインフルエンサーマーケティングの秘訣

    月間約400万人のインドネシア人女性が訪れるライフスタイルメディア「Beautynesia(ビューティーネシア)」のマーケティング戦略や組織運営をお伺いしました。

すべての記事を見る

インドネシア人見込み客をWebから集客するには経験とノウハウが必要です。
弊社では豊富な集客実績があるためまずは一度ご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

092-707-2032

(9:00〜19:00)

カケモチの自己紹介

無料

インドネシアで初めてのWebマーケティング

資料ダウンロード
  • 【800名以上が購読中】インドネシアのビジネスニュースレター
  • インドネシアのマーケティング情報に特化した月刊誌
       
インドネシア人見込み客の獲得
Web広告で効率的に実現可能